巳成金 お守りお札 郵送授与のお知らせ

檀信徒の皆さまにおかれましては日頃より当山護持にご協力を賜り篤く御礼申し上げます

さて、昨今のコロナ禍による緊急事態宣言が解除されて暫く経ちますが、未だ終息の様相は見えず、全くの憂い無く外出するのはまだ先になりそうです。
そこで、例年多くの皆さまにご参拝頂いております巳成金大祭でございますが、直接のご参拝に不安を覚える方も多かろうかと存じ、お守り及びお札の郵送での授与をお勧めすることと致しましたのでお知らせ申し上げます。

お申し込み方法は


下記のリンクより授与品をご覧頂いた後、申込用紙を印刷

必要事項をご記入ください

奉納金と申込用紙を同封し、現金書留にて弁天堂へご郵送下さい
(郵送料はお守り・お札を何体申し込んでも、それぞれ一律500円です)

送付先
〒110-0007 東京都台東区上野公園2-1 
不忍池弁天堂 巳成金係
03-3821-4638

♦9月23日の法要後、順次発送致します♦

お守り(巳成金小判・福財布)はこちらをクリックしてご覧下さい



お札(巳成金 祈祷札)はこちらをクリックしてご覧下さい


◊郵送授与 お申込書はこちらをクリックし、用紙を印刷して下さい◊

※ ご注意! 郵送授与は当日の混雑緩和を趣旨としておりますので、お渡しは全て郵送に限らせて頂きます。
  事前にお申込書だけをお送り頂いても当日の授与は致しかねますのでご了承下さい。

※ 申込用紙を印刷できる環境が無い方は、その旨をお堂までお電話下さい。

皆さまが息災に過ごされますことを祈念申し上げております
不忍池弁天堂 輪番敬白

 
▲▲ 巳成金(みなるかね)縁日について
不忍池辯天堂では、年に一度の大祭として巳成金縁日があります。
巳成金とは辯才天尊の化身、宇賀神という福の神の身体が巳(へび)の形をしているのに因み、暦の十二支の巳(み)と中段(十二直)の¨なる¨と二十八宿の金に縁のある項に該当する日を実の成る金にとりなし、その日に金・銀・銭を紙に包んでおけば富むという故事によるものです。
当辯天堂では、現在の暦で¨巳¨と¨なる¨が重なる九月の巳の日のいずれかを巳成金大祭として年に一度の本尊開扉をし、寛永寺一山総出仕して大般若転読会を執行します。(令和2年は9月23日です
早天(午前五時)より日没(午後五時)まで開堂し、小判のお守りと福財布をお頒ち致します。

江戸時代の川柳にある巳成金のことば
~ 初暦や やがて尋ねる 巳成金(文化) ~